馬プラセンタサプリで始める美容ブログ

美肌のための洗顔法とプラセンタのすごさ

シミやくすみがない透明感のある肌、プルプルでしわがない肌…そうした美肌を作るためには、日々のスキンケアがとても大切です。逆に言えば、スキンケアをしっかりすれば、必ず結果が出せます。ここでは美肌づくりのための豆知識をご紹介します。

 

まず、洗顔を見直しましょう。お肌に優しい洗顔をするためには、ぬるま湯がよいです。そして石鹸をたっぷりと泡立てて、その泡をやさしく顔につけて汚れを落とします。泡立てるためにはネットを使うのもよいですし、とても泡立ちがよい石鹸も販売されています。

 

化粧を落とす際にはクレンジングを使うことになりますが、ごしごしこするのは避けましょう。クリーム系は肌への負担が少ないです。

 

次に、お肌の保湿や美白対策が一つでできる成分をご紹介します。それはプラセンタサプリです。プラセンタの特徴の一つとして、ただ栄養を補うのではなく、不足している成分を体内で作れるようにする、ということがあります。むやみに美肌成分を入れてあげるのではなく、自ら作り出すことをサポートしてくれるという、とても自然な成分です。

 

そして、肌荒れやシミ、乾燥肌などにプラセンタは効果があります。なぜこのように美肌に役立つのかと言えば、新鮮な血を作ったり、細胞の新陳代謝を高めたり、ホルモンを調節する作用などがあるからです。

 

また、女性は冷え性に悩まされがちです。冷え性は血行を悪くしますので美容の大敵ですが、プラセンタなら冷え性を治してくれます。さらにプラセンタには余分なものを排出する、デトックス効果もあります。このようにプラセンタは美肌の根本的な対策ができます。

 

 

美肌をキープするためのコツ

 

美肌といえば、モデルさんや女優さんをイメージします。
もちろんメイクの力量もありますが、内側から輝くような白い肌はどの年代の女性にとっても憧れだと思います。
美肌でいるためには、まず観察力だと思います。
毎日鏡で自分の顔や肌の状態をチェックして、しわやくすみなど、トラブルなどないか点検するようなクセをつけることが大切です。
また、化粧品売場の販売員や、店員の人と話をするのも自分の肌の状態を把握するうえで、役に立つ情報を得ることができるでしょう。
販売員や店員の人の肌に対する意識は高く、お客様と接するのが仕事なので、肌の状態を常にベストコンディションに保つ必要があります。
そのため、肌につけるスキンケアはもちろん、肌を美しく見せるメイク用品や方法などを熟知しているので、そのコツを教わり自分の中で摂り入れるようにすれば、スキンケアやメイクに対してレベルアップできます。
また、食事や運動など、美肌を保つために心がけていることも教わると、自分にもできることや改善することが分かるので、良いと思います。
やはり食事内容は肌に直接関わってくるので、3食きちんとバランスよく摂るよう心掛けるのがベストですが、難しい場合、1日や3日、1週間単位など細かく区切って、その中でトータルでバランスが整うように心がけるのが良いと思います。
運動は5分でも10分でもできる、ごく簡単なストレッチや、定期的に取り入れたい運動などを組み合わせて、まずは無理のない範囲からスタートするようにすると良いでしょう。
バランスボールやストレッチポールなどの器具を上手く使えば自宅でもしっかりと運動することができるので、そういった器具を使うのも有効です。
ジムへ行く費用や時間を節約できる点も良いと思います。
食事や運動も考慮すればアンチエイジングにも効果が期待できるので、総合的に考え、実行することが良いのではないでしょうか。

 

 

美肌づくりは全身から

 

美肌づくりのために高いコスメを使ったりしているのに、なかなか効果が出ないとお悩みの方も多いはずです。そんなときは、全身の状態を整える、という美肌づくりの方法を試してみてはいかがですか。

 

たとえば漢方医学では、肌には内臓の状態が現れると考えます。ぜひ全身の状態を整えることも始めてみましょう。

 

具体的にはどうすればよいでしょうか。まず、冷え性があるなら改善しましょう。冷え性になると全身の血行が悪くなり、お肌の新陳代謝も悪くなるからです。その結果ターンオーバー(皮膚が生まれ変わること)が不調になり、シミなどができやすくなるのです。

 

冷え性を改善するには運動をしたり、温かい食べ物や飲み物をとるなどの方法があります。ビタミンEやビタミンCを摂取するのも役立ちます。

 

便秘も解消しておきたいものです。便秘になってしまいますと、汚いものを腸の中にためておく状態になります。すると腸内で腐敗が進み、毒素が増えてしまうのです。この毒素がお肌に行けば、肌荒れや吹き出物などの原因となります。

 

便秘解消法としては、善玉菌の入ったサプリメントやヨーグルトを摂取するとよいです。腸内環境が良い人は若々しく美しい、という調査結果もあります。

 

漢方薬や鍼灸も、美肌づくりに役立ちます。漢方薬では血の滞りを解消する薬や、水毒を取り除いて冷え性などを治す薬などが使われます。

 

鍼灸では鍼を打つことで皮下のコラーゲンの生成を促してしわを解消したり、しみのある場所の血流を良くするなどの効果があります。

美肌になりたい!そんな一心で日ごろからスキンケアにいそしんでいますが、紫外線を浴びて細かいシミが顔じゅうに広がっている私にとって必要なのが美白ケア。肌色自体は白いのですが、このシミのおかげで全体的にくすんだ印象になってしまうんですよね。メイクで隠したりはできても、やっぱり本当の美しい肌を取り戻したいです。いろんな美白コスメを試してきましたが、最近気になっているのがPOLAから出ているホワイトショット CX。美白美容液です。POLAって美白アイテムで人気高いし、いつも雑誌とかで取り上げられているんですよね、。この薬用美容液は、人が本来持っている、お肌が自ら美しくなる力に着目していて、「ショット」というネーミングからもわかる通り、一点に狙いを定めて有効成分を届ける処方になっているとか。みずみずしいテクスチャーで、お肌に潤いを与えてしっとりなじんでくれる美容液なんですって。25mlで15000円とお値段はお手頃ではないんですが、憧れちゃうコスメです。なんとも効果が期待できそうな雰囲気。それから、日焼け止めも一年中塗るようにしている私。今度ゲットしたいのは、DEW ボーテのUVプロテクトエッセンス 。これ、美容液がベースの日焼け止めだそうで、UVケアもしながらお肌に潤いも与えてくれる万能アイテムなんだとか。日焼け止め自体がお肌に良いものではないので、美容液成分が入っているタイプを選んでます。美肌目指してこれからもいろんなケアを試していきたいです。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:13:24

私は昔からひどい脂性肌で、ニキビにも悩んできました。
しかし今ではすっかり綺麗になりました。
けっして生まれつき綺麗な肌ではない私がどのように生まれ変わったかをご紹介します。

 

○オイルフリーの敏感肌用化粧水
ニキビ治療のために様々な基礎化粧品を試してきました。
ニキビ専用のものはアルコール入りでヒリヒリしたり、ピーリングで肌に刺激を与えるものが多く、悪化することも多々ありました。
そこで原点に返り、余計なものは足さない方針に切り替えました。
そこで出会ったのが、敏感肌用化粧水です。
ニキビができるとついつい「さっぱりタイプ」などすーっとするものを選びがちですが、ニキビ肌はある意味敏感で荒れてしまうようなものなので、理にかなっていると思います。
また、ニキビ跡対策で美白化粧水を選ぶこともありましたが、美白タイプには油分が含まれていることが多く、ニキビには大敵です。
そのため、敏感肌用かつオイルフリーのものを選ぶのがポイントです。
この基準で基礎化粧品を選び始めてから、かなりニキビが落ち着きました。

 

○皮膚科の漢方
飲み薬は、全て漢方に切り替えました、
東洋医学はあまり信用していなかったのですが、予想以上に効果がありとても驚きました。
漢方は皮膚科で処方してもらえますし、薬局やエステサロンで購入するサプリメントより格段に安いのでコストパフォーマンスも良いです。
食前に飲むので、慣れないうちは忘れないよう注意が必要です。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:13:24

世の中に出回っている基礎化粧品にはさまざまな保湿成分、美白有効成分が配合されています。
グリセリン、BG、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸・・・。
特に専門家ではない私でもこのぐらいはすぐに出てきます。そして昔はこれらをすべて取り入れるべきだと思っていて、ピンからキリまで様々な金額、メーカーの基礎化粧品を買いあさっていました。
ところが商品や成分によって肌トラブルを起こしたり、どれが効いているのか分からずじまいでした。そんな時にとある業界では名の知れた化粧品開発者のかたに話を聞いて、私の価値観は一変しました。
というのも、配合されている成分というのはそれ自体が効果をもたらしているのではなく、肌の自己回復(治癒)能力に働きかけて、その力が動き出すよう促すためのものだそうです。おまけに、各化粧品には有効成分以外にも保存料や着色料として肌に負担をもたらす物質も含まれていて、そちらの副作用のほうが恐いということでした。
今までさまざまな成分をまんべんなく取り入れようと、化粧水2種類、美容液2種類、乳液、クリームと使っていた私は、なんて余計な物質まで肌に塗りこんでいたのだと恐ろしくなりました。信頼できる製造元から、全成分を表示している化粧品をシンプルに最低限だけ購入して使用するのが一番安心だと感じました。
実際に化粧品をシンプルに抑えてから、肌の調子が良くなりました。長年の悩みだったTゾーンのベタつきとイチゴ鼻が軽減しました。どうやら私は肌の過剰ケアを行っていたようです。
皆さんもこれを機に基礎化粧品の意義から見直してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2015/09/24 08:13:24